R1写真測量

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

R1写真測量
次の文は、空中写真測量について述べたものである。

空中写真に写る地物の形状、大きさ、色調、模様などから、土地利用の状況を知ることができる。

起伏のある土地を撮影した場合でも、一枚の空中写真の中では地上画素寸法は一定である。

現地測量に比べて、広域な範囲の測量に適している。

高塔や高層建物は、空中写真の鉛直点を中心として放射状に倒れこむように写る。

他の撮影条件が一定ならば、撮影高度が高いほど、一枚の空中写真に写る地上の範囲は狭くなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました