H30水準点測量

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

H30水準点測量
次の文は、水準測量で使用するレベルと標尺について述べたものである。

水準点間のレベルの整地回数(測点数)は、偶数回にする。

視準距離は等しく、レベルはできる限り両標尺を結ぶ直線上に設置する。

レベルの望遠鏡と三脚の向きを常に特定の標尺に対向させて整置し、観測する。

標尺は、2本1組とし、往路及び復路の出発点に立てる標尺を同じにする。

レベル及び標尺は、作業期間中においても点検調整を行う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました