H28水準点測量2

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

H28水準点測量2
次の文は、水準測量で使用するレベルについて述べたものである。

自動レベルは、コンペンセータが地盤などの振動を吸収するので、十字線に対して像は静止して見える。

くい打ち法(不等距離法)により、自動レベルの視準線の調整を行うことができる。

自動レベルのコンペンセータは、視準線の傾きを自動的に補正するものである。

電子レベルは、標尺のバーコード目盛を読み取り、標尺の読定値と距離を自動的に測定することができる。

自動レベルの点検調整では、円形気泡管を調整する必要がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました