H27水準点測量

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

H27水準点測量
次の文は、公共測量における水準測量について述べたものである。

1級水準測量及び2級水準測量における視準線誤差の点検調整は、観測期間中概ね10日ごとに行う。

自動レベル及び電子レベルについては、円形水準器及び視準線の点検調整のほかに、コンペンセータの点検を行う。

標尺付属の円形水準器は、標尺を鉛直に立てたときに、円形気泡が中心に来るように調整を行う。

標尺は、2本1組とし、往観測の出発点に立てる標尺と、復観測の出発点に立てる標尺は同じものにする。

標尺の最下部付近の視準を避けて観測すると、大気による屈折誤差を小さくできる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました